上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は④番目の項目、「色の選択の重要性」について。

まず初めに、私は色の調色が非常に苦手である。雑誌の作例など
を見ると、何色を何%などという文をよく目にすると思う。

「どーやって計ってんの?」

と、いつも思う。ガンプラを始めた頃はスポイトで白を5滴、青を
4滴。なんて面倒臭い事をやっていた。このやり方であればある
程度目標の色に近づけることが出来るのだが、時間がかかる。
目盛りの付いたビンなども売っている。しかしこれには問題が
あって、目盛りで作ると必要以上の量が出来てしまう。作った
塗料をシンナーで薄めるので、少なくともさらに3倍の塗料が
出来てしまうわけだ。ビンサフやつや消しクリアー等はこのビンを
使って作り置きしておくには便利だが、少なく作りたい時には
使いづらい。プロモデラーの上原みゆき氏とお話する機会があった
ので、この質問をぶつけてみた・・

「うん、ちまちま足しながら作ってる。」

今の自分のやり方が変わっていない所を見ると、多分そんな答え
だったと思う。だって良いやり方教わってればここで書いてる
から。違ってたらごめんなさい、上原さん・・

本題の「色の選択」だが、まずガンカラを選択すればほぼ間違い
ないと思うのだが、設定色でそのまま塗ってもあまりインパクトが
ない。設定色を変えるって、これまたセンスが必要です。でも
これが上手くいけばかなり入賞に近づけます。

例えば、誰がどの機体を出品してくるか分からないコンテストで、
5人が皆ガンカラを使ったフリーダムを出品してきたとする。
この中で入賞する確立があるのは多分1人くらいだろう。だって
私だったらその中で1番をまず最初に決めちゃいますから。
最近の傾向では基本色にホワイトを混ぜた淡い色合いを使って
いる作品を良く目にしますね。

もちろん色選びだけではなく、塗装方法も重要ですよね。MAX
塗りや、波佐本塗り、グラデ塗装、汚し塗装など。どれも本当に
難しい。もちろん何度か続けていればコツを掴んで出来るように
なるとは思うんですけど、数をこなす事自体が難しかったりして。
塗装のテキストなどを読んでると結構簡単そうに書いてあるけど
やってみて初めてその難しさが分かったりします。

色々分かってそうでしょ?僕。グフカスでけちょんけちょんに
されましたよ(滝汗)

写真は「上手くいった!」と勝手に思い込んで思わず写真を撮って
しまう人。

では、また今度。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。