上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.08 坂本博之#2
61.jpg


前回のお話の続き。

1回目の挑戦が終わった。決して調子が悪かったとは思わなかった。

ただ単にチャンピオンとの実力に差があった事、ボクシングが

噛み合わなかった事。ボクサーとファイターが戦う場合、必ずと

言っていいほどファイターはボディーを狙う。そしてボクサーの

命である脚を止める。逆にボクサーはファイターの強打を掻い潜り、

的確にパンチを当て、ポイントを稼いでいく。チャンスを狙って

カウンターを狙う。パンチが当たらなければ脚を止める事は出来ない。

そう簡単ではない。

そして2度目の世界戦はセサール・バサン戦。このチャンピオンは

ボクサーファイタータイプ。脚も使えて、打ち合いも出来る。

もちろん会場で観たが、あまり強いという印象は受けていない。

ジョンストン戦よりはパンチは当たったが、やはり判定で敗れて

しまう。

3度目の世界戦・・・彼がベルトに、世界チャンピオンに最も

近づいた試合である。相手はヒルベルト・セラノ。豪腕が火を吹いた。

2度も簡単にチャンピオンが倒れた。なのに・・・なのに・・・

瞼が腫れて視界を塞いでしまった。今までに瞼を切った事は何度かあった。

でも切れてはいても腫れた事なんかなかった。もしも切れていれば

腫れる事はなかったかもしれない。5R試合続行不可能でのTKO負け。

テクニカルノックアウト、レフェリーストップである。

今でも悔やんでも悔やみきれない1戦。本人はもっと悔やんでいると思う。

その試合を観客席で観戦していた一人の男がいた・・。

続く。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。