上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
74.jpg


上原みゆきさんの作品。

元々は旧ザクからの改造、まだ製作して間もない時にも見せて頂いた

のだが、太ももの太さがとても素敵。脚の太さに顔の大きさがマッチ

していて、スタイルが完璧である。プロの作品に僕が意見するのは

どうかと思うがとても私好みのスタイル。しかも可動が凄い上に、

脚の接地性は抜群。自分が作ってきたキットはほとんど開脚すると脚底が

浮いてしまう。これは皆さん同じだと思うが、そこが素人とプロの差では

ないかと思った。今までいくつも氏の作品は見てきたが、どれもポーズが

決まっている。もちろん素立ちも含めて。

このザクの太ももには「プラサポ」と呼ばれる市販パーツが使われている。

確かにプラサポの組み合わせで、このようなパーツは作れると思ってはいたが

実際考えてみると頭がこんがらがってしまう・・。

よーし!この改造を真似して明日から旧ザクとザクキャノンのジオラマ作りに

取り掛かるぞ~!!!

脳内モデリングはとうの昔に完成しているが、果たして自分のスキルで

思ったとおりのものが完成するのだろうか。

こいつが完成すれば今後のイエコンでRUNに「ジオラマ対決」を

申し込もうと思っている。でもRUNさん俺が完成してからだからね!

そしてもう一つの百鬼夜行用のビネットはFⅡザクを使ったもの。





生きてるうちには両方とも完成させて~な~・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。