上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.01 Team Medical Dragon

は、入りてぇ・・。

俺もチーム・ドラゴンに入りたいっす~!!!



あっ、ども。ここ2、3日プラモも弄らず2日間「Team Medical Dragon・医龍」に

どっぷりハマってしまった僕です。

医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX 医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX
乃木坂太郎、小池徹平 他 (2006/10/27)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


こりゃ面白いっす!久しぶりの当たりドラマ。


病院を舞台にしたドラマと言いますと、代表作はまず・・・







「黒い巨根」お、俺のブログって・・(泣)




え~、気を取り直しまして・・


それは山崎豊子さんが1963年から書いた長編小説、




「白い巨塔」お~~っ!!!



白い巨塔の主人公は財前五郎(唐沢寿明)、彼が教授に上り詰めるまでのお話でした。

医療ミスを犯しながらも隠蔽工作をおこない、最終的には自業自得という感じで

自らが癌に侵され死んでしまうというストーリー。主人公が悪役のドラマでした。



それに対して医龍はと言いますと・・・


主人公は朝田龍太郎(坂口憲二)は

「スーパードクターK」である。
いやいや、朝田は朝田だろ。



その朝田を中心とした医療チームが「チームドラゴン」である。

バチスタ手術という術式をメインにストーリーは展開していくんですが・・

この先書いちゃうと見ようと思った方に悪いのでやめておきましょう。



でね、ドラマを「こんな事が実際出来たら凄いだろうなぁ」なんて思いながら

観ていたんですよ、




「お、俺にも出来ることがあれば・・・」なんて。











ありました。。。





最終回心臓に1mmのバイパス(血管)を繫げる手術があります。







こ、これは・・お、俺なら3秒で・・













ゼリー状瞬着で仮止めして瞬着スプレーでシューッだぁ~~~!!!わずか3秒!






クビです。ぼい~ん。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。