上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日イエサブで「もみあげ牧場」のら教さんとお会いした。
相変わらず手には塗料をつけてイエサブに来ているところに
漢を感じた。

最近もみ牧のコラムに「おっちゃー」という名前が良く出る
ようになった・・不安である。何時「今日のおっちゃーネタ」
として虐められるかと思うとうかつに朝立ちも出来ません。

さて、今日は昨日話したコンテストの重要性の②番に挙げた
「勝てるキットを選ぶ重要性」について。まずイエサブコンの
歴代の大賞のデータを見てみると・・

第1回 「MG・ZZ」
第2回 「MG・サザビー」
第3回 「MG・EZ8(ビネット)」
第4回 「MG・Zプラス」
第5回 「MG・ケンプファー」
第6回 「MG・アレックス」
第7回 「MG・百式」
第8回 大型部門「MG・GM改」
     小型部門「HGUC・GP-01」
第9回 大型部門「1/100・アストレイRF」
     小型部門「HG・プロビデンスガンダム」
(※以上モデラン調べ)

という結果になっている。

まず連邦系、ジオン系だと6:3(管理人はどれが連邦でどれが
ジオンのキットか完全に把握していないので注意)その中でも
ガンダム系の大賞率は半分以上である。1月に初開催された
「百鬼夜行」の1位もZZであった。もちろんキットをそのまま
素組みして普通に塗ってでは難しい。後の項目の改造や、調色など
も必要不可欠である。

個人的な見解として、ザクの大賞が無いのが不思議である。
ガンダムに次ぎ一番製作されているキットではないかと思うのだが
何故か大賞は無い。それとジム系もいつも良い所までは行くのだが
大賞を取る事は難しそう。(ジャグラーは別格)

ここまでのデータを整理してみると、ガンダム系のキットにベース
を付けて出品すれば入賞の確立が上がると予想される。どうですか
お客さん?

ホントかよ!とかつっ込まないように・・

つづく。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://plarcbz.blog91.fc2.com/tb.php/15-596d22c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。