上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく亀田一家の処分が決定しました。おっさんは無期限のセコンドライセンス停止、

興毅は厳重戒告(厳しく口頭でお叱りを受けるという意味)、大毅は1年間の出場停止。





あまいんじゃん?





色々とネットや新聞、雑誌などを読みましたが、おっさんは全く反省していない様子。

処分に対して「なんでやねん?」と洩らしていたとか。処分に対してのコメントも

発表しておりまして、「大毅の出場停止は厳しい。」とも言っているそうだ。




お前、何様のつもりやねん!?




と、ボクシングファンは皆思っていることでしょう。


まず自分のコメントを発表する前に、一家で会見を開くべきである。都合の良い時だけ

テレビに出て、「子供を守るのが親の仕事、俺が守らないで誰が守るねん!?」

ではなく、こんな時こそテレビに出て、親が対戦相手とジム、ボクシングファンに

謝罪するのがスジではないだろうか。メディアの力というのは凄いもので、

うちの会社なんかもテレビ放送があった次の日はお客が殺到する。

そんな事は今までの試合なんかで分かっているはずだ。ならばテレビを通じて

土下座でもすれば、国民の怒りなど簡単に収められると思う。もちろん標準語でやる事。
   ↑
意外とこれ重要。

おっさんがいつまでも意地張っている事が、この問題の解決を遅らせている。

とことん意地を張るならボクシングをやめて、K-1にでも転向するべきだ。

でも谷川じゃこのおっさんは扱えないと思うが。

その点亀田で一儲けを考えていた協栄ジムの金平会長はさすがに頭がよろしい。

すでに謝罪もし、処分も受け入れるというのだから。まぁこれが普通の人間だ。




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



さて、今回は「マスオに学べ」シリーズの第一回目。

マスオとは・・・そうセイラ・マスオ尊師のことである。尊師はやばくね?


かなり前に製作を始めたガンダムMKⅡをマスオ尊師も作例で作っていたので

ディティールを分析しつつ、真似しちまおうというコーナー。


第1回目の今日は「凸ディティール」


プラ版を様々な形に切り分けて貼る。それによって新しいディティールが生まれる・・・。






素晴らしい!!



今回はMK-Ⅱの脚を使ってやってみよう♪全く同じではつまらないのでディティールはアレンジしてあります。



RIMG2167.jpg
参考資料はこちら。


まあ簡単にいうとこういうディティールのことです。




RIMG2165.jpg


RIMG2164.jpg



脚の甲の部分に白いプラ板が貼られています。まさにこれ。




あっ・・・



なんか・・・



眠くなってきた・・・



だから制作方法は明日っつー事で。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://plarcbz.blog91.fc2.com/tb.php/210-0a41fbec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。