上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、小林麻央さんのHPで2008年度版のカレンダーのプレゼント企画が

ありました。最終日に応募いたしまして、当たり前のようにハズレました。


まあ1年経ってカレンダー見てみると、毎年4月くらいから捲られてないんですけどね。







いらねーよ。強がってみる(弱っ!)




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



本日の「マスオに学ぶ」は、前回の幅増しの後編です。


幅増しの順序と言いますか、まず一番最初に行うこと・・

それは切断場所の選択です。あっ、カイジやってる。


参考書を見てみましょう♪



RIMG2342.jpg






うん、予想通り。全く分りません(大泣)





RIMG2316.jpg



ちなみに緑の丸の部分にはポリキャップが中に埋め込まれています。

もちろん接着済みですから、中を見ながら切るなんて事は出来ません。

かといって、接着しないで切ると切断面がずれたり、曲がったりしてしまいますので

接着してから切るのが多分基本だと思います。



RIMG2316.1.jpg



そして、素人の僕が考えて選んだ場所はここ。というかここ以外ありえないんです。



RIMG2320.jpg



で、切ってみた。意外と上手く切れました♪写真でも分かりますように

寸分ずれればポリキャップを切断してしまいますので、作業は慎重に。



RIMG2323.jpg



そして何ミリか分からないプラ棒をはさんで接着。僕の場合プラ板を重ねて

幅増しする場合と、角棒を使う場合があります。それはその時々の直感です。はぁ~?


あとは面を整えるわけなんですが、接着には瞬着は使いません。というより

使えません。何故かはやってみれば分かります。プラ用接着剤を使う事に

なりますので、何日か時間を置いてから整面の作業に入りましょう。



RIMG2361.jpg RIMG2364.jpg




左が整形前、右が整形後。最初にあった凸ディティールは残しておくことは

難しいので、一緒に削り落として後から復活させることにしました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://plarcbz.blog91.fc2.com/tb.php/226-82260962
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。